So-net無料ブログ作成

無毛の股間に埋没した私 -4 [性愛]

膣内の奥深くまでペニスを押し入れて、子宮口の感触を探ります。
亀頭の正面に子宮口の感触、裏側には柔らかい襞の感触がして、襞は少し
厚めで密度が濃い感じがして、妊娠しやすい膣内という感じでした。

奥まで押し入れたペニスを膣口に向かって引いてくると、ペニスの裏側に
まといつく襞によって快感が高まっていきます。

彼女に覆いかぶさって抱きしめながら腰を突き出した後、上半身を離して
白い裸体を見降ろしながら、そしてペニスが膣口の中から出入りしている
様子を見ながら腰を振っていると、ピークに達することなく腰を降り続け
快感をいつまでも感じ続けることのできるペニスが欲しい、なんて夢物語
のような思いが頭の中をよぎりますが、現実にそんなことになったら一番
困るのは女性でしょうね。


girl-486.jpg

熱い女性器の中で入口から奥まで、何度も抜き差しを繰り返していると、
どうしても射精感は高まってしまうもので、自ら枕を顔を押し付けて声が
漏れ出るのを必死に押し殺している姿を見ていると、自分自身のペニスで
女性に悦びを与えているという自信みたいなものが湧き上がってくるのと
同時に精液がペニスの根元に湧き上がってくる感覚も感じていました。

事前にお互いの性癖や好きな体位、セックスの時の避妊などを打ち合わせ
していたので、彼女がピルを飲んでいて膣内に射精をすることについては
了解してもらってましたが、実際のセックスの場においても当然、確認は
必要だと思っていますから射精感がドンドン高まる中、腰を前後に動かし
乳房を揉みながら、もうイクよ、中に出していい?と聞きました。

girl-487.jpg

顔に押し付けていた枕を外し、いいよ、いいよ、中に出していいよ。
そう答える彼女の可愛らしい声に、我慢していた射精寸前の感覚は一気に
解除されて、イクよ!という私の声と同時に膣内へ精液が噴出しました。

ペニスの先から噴き出た精液が膣内の壁に跳ね返って、ペニスに絡みつく
感覚がリアルに感じられ、熱く感じていた膣内の温度が少しだけ再上昇を
したように感じました。

girl-489.jpg

腰を振りながらの射精ではなく彼女を抱きしめるような形で腰をピッタリ
と密着させて、大きく開いた股間の間で精液を放ったままの状態で暫くは
二人ともが身動きをすることもなくセックスの余韻に浸っていました。


官能的だった(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。