So-net無料ブログ作成

不倫デート・初めての中出しの約束 -4 [不倫]

内側にたっぷりと蜜を含んでいながら、締め付ける力の強い彼女の女性器
からは自然に愛液が漏れ出て来るようなことはありませんでした。

柔らかくふっくらと充血して紅みを増した小陰唇を指先で左右に分け開く
と甘酸っぱい香りが漂い、濃いピンク色の膣奥からトロリと愛液が溢れて
蜜をたたえた花弁のように見えます。

溢れ出た愛液を指先にすくい取り、クリトリスの皮を剥いた先端に塗って
円を描くように愛撫をすると彼女の口から小さな声で悦びの声が漏れ出し
指先を感じてくれていることがわかります。

続きを読む


官能的だった(4)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

不倫デート・初めての中出しの約束 -3 [不倫]

ドアの前で灯りが点滅している部屋を見つけて、夫以外のペニスを初めて
生で受け入れる決心をした彼女とのセックスを想像し、ワクワクドキドキ
とした胸の高鳴りで鍵穴に鍵を挿す手が震えました。

部屋に入ると同時に待ち合わせをした時の清楚な人妻の表情から豹変して
今までの人生で二人目の膣内に精液を注ぎ込むセックスの相手である私に
対する欲情を抑えきれない淫乱なオンナへと変身しました。

セックスの悦びを感じる姿態を多い隠すように、あえて地味な装いで家を
出たことを感じさせる、少々堅い雰囲気を感じさせるOLの通勤スタイル
の彼女が素早く洋服を脱いで上下が対になった白いレースの下着姿になり
ベッドに上がって、寝転んだかと思うと、私を挑発するかのように大きく
股間を開いて、割れ目に密着した下着を見せつけたのでした。

続きを読む


官能的だった(4)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

不倫デート・初めての中出しの約束 -2 [不倫]

デートの当日、出張で行って宿泊した都内のホテルで前日の仕事の資料を
片付けて、シャワーを浴びて彼女との待ち合わせの場所へ向かいました。

膣内射精を前提にしたセックスデート、そんな言葉をイメージするだけで
電車の中でも股間が盛り上がってしまいそうになってしまうような感覚は
あるものの、さすがに大人の理性で公衆の面前で勃起した股間を晒す無様
な真似をするようなことはありませんでした。

都内の錦糸町ですから、もしかしたらこのブログを読まれた方ともロビー
ですれ違ったことがあるかも知れませんが、外を歩いている時に婚外恋愛
ブログの作者ですという名札をつけているわけではありませんから、今後
も見知らぬ者同志でありながら、私のセックス経験はバレバレなんていう
気付かない出会いはあるかも知れません。

続きを読む


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

不倫デート・初めての中出しの約束 -1 [不倫]

人妻との恋愛関係のことを一般的には不倫とか浮気と言いますが、経験者
にしかわからない感覚というのはあるもので、ただセックスをするだけの
関係ではない人と人の気持ちを交わし合う純愛として婚外恋愛をしている
人も少なくはないと思います。

過去にも婚外恋愛を経験している女性の場合は別として、初めてのデート
の時には大体の女性は膣内に精液を放出することは避けたいと考え避妊と
性感染症予防の意味合いでコンドームを着けてのセックスを望みます。

もちろん膣内射精を強要するつもりはありませんので、女性が望むように
お互いが気分を害しないようにコンドームを着けてセックスをします。

続きを読む


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

バックでしたら出血しちゃった -9 [失敗談]

この時に彼女が用意していたのはローターとバイブレーターでした。
使用経験のない人のために簡単に書いておくと、ローターというのは小型
の電動おもちゃで、膣内に挿入したりアナルに挿入することもありますが
基本的にはクリトリスを愛撫する時に使います。

それに対してバイブレーターは直径2-3センチほどで極太タイプの物は
5センチほどの太さの物もありますが、長さは20センチから30センチ
で明らかにペニスよりも大きな電動おもちゃで、膣内に挿入してペニスと
同じように抜き差しをしたり、バイブレーター自体が膣内を掻き回すよう
に動いて女性がペニスでは感じたことのない快感を得ることが出来ます。

始めはローターをクリトリスに当てて潮吹きの余韻を感じるようにと私が
ローターを押し付けたり、離したりしていましたが、この時はセックスの
後でも、なかなかペニスが萎えることが無かったのでローターでの愛撫を
止めて彼女の体を裏返しにして膝を立ててもらい、たっぷりと濡れていた
膣口にペニスを押し付けました。

続きを読む


官能的だった(5)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚



お話したいことがあれば、call-me@ponta.pet までどうぞ。